Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

ステッカーをプロのようなデザインにする5つのコツ

小さくあまり重要な役割を果たすように見えませんが、実はステッカーはデザインが良くマーケティングキャンペーンに合わせた適切な配布計画が立てられていれば、結果につながる非常にパワフルなマーケティングツールでなのです。ステッカーは何十年も利用されてきましたが、もう必要とされていないという事にはなりません。 

効果的なステッカーの種類は一般的に目立つデザインで人の心を掴む高品質なものです。材質やステッカーデザイン両方の選択自体が互いを補完し合う必要があります。つまり、良い素材を使ってもデザインが悪ければ効果は発揮されないし、その逆でもうまくいくことはありません。 

ステッカーデザインは非常に重要なので、これからどんなステッカーを作るにしても、オリジナルステッカーのデザインや制作に興味があれば、覚えておかなければいけないコツについていくつかご紹介していきます。 

1.シンプルなアイデア 

見た目にごちゃごちゃしたステッカーは避けなければいけません。絵だけでも、文字を燃せるとしても、簡単ににマーケティングキャンペーンのメッセージを伝えられる必要があります。どんなにステッカーが大きかったとしてもステッカーデザインには文字を入れすぎたりしないようにしましょう。読み手にとって絶対に必要な重要な情報だけをいれます。詳細の情報については、補完するためにフライヤーやカタログを使うのがお勧めです。。 

2.形の実験  

制作できるステッカーの形は無限にあります。製作機械が対応さえしていれば、どんな形でも思い通りに制作することが可能です。面白みのあるものにするためには、いくつかの形を考えて試してみることもできます。複数のデザインを作っても良い場合ではありますが。一つだけしか制作できない場合は、ステッカーにとってベストな形を選ぶようにしましょう。 

3.読みやすさを確保 

ステッカーのタイポグラフィを選ぶという点では、見た人が誰でも読みやすいというシンプルなものでなければいけません。ファンシーなフォントを選んだり、無駄なエレメントを使ってやりすぎたデザインにしないでください。ステッカーには限られた小さなスペースしかないので、あまりに多くのテキストを詰め込むことは避け、限られたワードでできるだけ表現力を豊かにしましょう。シンプルなワードをつかってキャンペーンのポイントを伝えるようにしましょう。 

4.CMYKでデザイン 

デザインソフトは一般的にRGBを使います。これはCMYKを使う一般的なプリンターインクの組み合わせとは違うものです。もしRGBでデザインしてCMYKで印刷してしまったら、モニターに映し出されたデザインと実際に手に取る製品との間で、同じものにはならない可能性があります。これを避けるために、ディスプレイ上と実際の製品が同じになるようにデザインをする時点でCMYKで行いましょう。 

5.塗り足しエリア 

ステッカーの端にはスペースを持たせて、何もない状態にしておきましょう。カットのプロセスを簡単にするための塗り足しエリアと呼ばれています。思っていたものと違った仕上がりにならないようにするために必要なことです。詳細についてはここをクリックしてください、https://www.kiasuprint.com/cheap-sticker-label-printing-service-in-singapore/products/。 

Related posts
ビジネス

Amazonから学ぶ配送ビジネスの今

ビジネス

配送ビジネスで狙うべき立ち位置を考える

ビジネス

パソコンを日々使うフリーランスがロボットを活用すべき理由

ビジネス

ゴム印を注文する前に注意すること4点

Sign up for our Newsletter and
stay informed