Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

プロフェッショナルな名刺をデザインする上でのポイント

名刺のデザインは、単に配色、フォントの種類とサイズ、テーマに合わせた画像やイメージの選択をするだけではありません。 特にプロのデザイナーを雇わずに自分で名刺をデザインする場合は、デザインの基本や注意点をしっかり理解することが重要です。以下に記載されている知識やポイントは、印刷やデザインの経験を持つ人たちには基本となる知識であり、高品質の名刺を作成するのに必要不可欠となります。

1. 塗り足しエリア

名刺印刷における塗りたしエリアとは、裁断する際に裁ち落とされる領域のことを指します。裁断がしやすいように、断裁ズレを想定し、製作中に名刺の端に十分なスペースを空けておきましょう。十分な領域を確保しておくことで、裁断した際に白が出なくなり、適切なサイズの名刺を作成できるようになります。塗りたしをする前にプロの業者に問い合わせ、プロセスを理解した上で作業に取りかかるようにしましょう。

2. 配色のコンビネーション

名刺印刷やデザインに使用される色の表現形式には主に、RGBとCMYKのカラーモードが存在します。簡単に言ってしまえば、これらの形式は、色の表現を適切に行うためにある技術です。CMYKは「色料の三原色」といわれるCyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)の3色に黒(K)を足したもので、印刷物などに使う発色方式です。反対に、RGBはRed(赤)、Green(緑)、Blue(青)の頭文字から取られており、テレビやパソコンのディスプレイといった画面上で使用されます。色紙印刷にRGBを使用してしまうと、再現できる色数が少なくなっています。特に、原色などのあざやかな色はCMYKで再現することが難しいため、実際の印刷ではくすんだ色になってしまいがちです。 印刷の際、イメージ通りの色を再現したいのであれば、CMYKでデータを作成するのが良いでしょう。

3. 画像解像度

名刺に画像やイメージを含むことを希望する場合は、画像に解像度が十分にあり、クオリティーが高く精細のあることを確認しましょう。画像解像度が高いと見なされる画像は、解像度が 約300 dpi あるイメージのことをいいます。画像解像度が十分ある画像やイメージを使用することで、印刷した際に紙の上で綺麗な写真が再現されるようになります。これらのポイントをしっかりと踏まえた上で製作に取りかかり、相手に喜んでもらえるオリジナリティのある名刺を作成しましょう。こちらのオンラインショップをご覧ください 、 https://www.kiasuprint.com/businesscards-namecards-printing/products/

4. プロの業者を雇って印刷

名刺は、オフィスにあるプリンターなどを使用し個人でもある程度のものは製作することもできますが、やはりプロの業者の仕上がりと比べると、その差は大きく現れます。業者が使用しているプリンターはハイクオリティーな上、長く個人名刺を手がけてきた経験やノウハウを活かした個性的なデザインを提案してくれるところもあります。業者に依頼したほうが、大量に印刷したい場合は、自分で作るよりも安い値段で大量に作ることができます。

Related posts
ビジネス

ステッカーをプロのようなデザインにする5つのコツ

ビジネス

Amazonから学ぶ配送ビジネスの今

ビジネス

配送ビジネスで狙うべき立ち位置を考える

ビジネス

パソコンを日々使うフリーランスがロボットを活用すべき理由

Sign up for our Newsletter and
stay informed